◆VXI型密閉式冷却塔の特徴
  被冷却流体をユニット熱交換部(冷却コイル)のチューブ内に流し、流体の持つ熱を、コイル管壁を通してコイル管外に散布している水へ伝えます。このコイルの間隙には上方向への通風がされており、散布水の一部を蒸発させることにより、被冷却流体より伝えられた熱を、蒸発潜熱を利用して大気中へ放出します。
VXI型密閉式冷却塔では、散布水はユニット下部の水槽に集められて、再循環されます。また、吐出空気に含まれる水滴は、ユニットの吐出口にあるエリミネータにより空気から分離され、回収されるため、水の消費量は、蒸発による消費量と、水槽水質の悪化防止のために行われるブリードの、少量の水だけですみます。
また、 被冷却流体が空気と直接接触しないため、空気中の不純物等に汚染されることがありません。そのため、熱交換器で腐食やスケールが起こりにくくなり、熱交換器の洗浄・掃除といった問題が解決されます。
 VXI型密閉式冷却塔は、主に一般空調、産業用プロセス冷却、製鉄・鋳物工業、製造工業、発電所、変電所、化学工業で使用されています。